読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

自然からエネルギーをもらってる

f:id:shantibreezeyoga:20170206124356j:image

いつも見てくださってありがとうございます!

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

自然からエネルギーをもらうってどんな風に?

 

ヨガでは自然のエネルギーのことをプラーナという言葉で表現しています。

単に科学的なエネルギーというよりはもっと多面的な生命力のようなもの。

 

この地球の自然界、そしてそれを取り巻く宇宙にもプラーナはあります。

 

わかりやすいものだと太陽や月のエネルギーであれば感じやすいのではないでしょうか。

すごく大きくて力があるから。

 

太陽のおかげで明るく暖かい。

月のおかげで引力があり立っていられる。

 

太陽は日中の活発なエネルギーを、

月は穏やかな休息のエネルギーを。

 

私達は誰かに教えられなくても太陽と月にはこのような活力や癒しを感じますよね。

 

目に見えなくても、私達は太陽と月からこのようなエネルギーをもらっていると知っています。

当たり前すぎて無意識になっているけど。

 

その想像力や認識力を高めたらどんなでしょう。

 

以前ヨガニードラの講座に行った時の先生がおっしゃった言葉。

 

自分がヨガの先生として誘導する時、宇宙からのshantiなエネルギーを頭頂から受け取って、言葉と共に前に向けて出せばいいと。

そうすれば自分のエネルギーを消耗して疲れたりしないよと。

 

えぇーっそんな方法があったのか!

という衝撃。

宇宙というshantiなところに自分をチューニングして、言葉としてshantiなエネルギーを生徒さんに届ける。

 

せっせと自分一人で頑張るよりも、宇宙という存在の力を借りてゆったり呼吸をしながらヨガをすると、疲れないしさみしくないし楽しい!

 

これはヨガに限らず生きていく上で色んなシーンで役に立つはず。

 

自分一人が辛い思いをしていると感じる時、何だかうまくいかない時、元気がない時。

 

そんな時は太陽や月を見ながら深呼吸してみよう。

頭のてっぺんから宇宙のエネルギーを吸い込むように。

 

太陽に当たって暖かいと感じる時、月明かりを感じる時、光の粒子が自分に当たって包んでくれてるんだって。

触れているから暖かいと感じるんだって。

 

そう感じられることのすばらしさ。