shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

ヨガニードラの3日間を終えて

f:id:shantibreezeyoga:20161217134206j:image

加古川でヨガクラスを開催しています。

ヨガニードラもやってますよ^ - ^

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

ヨガニードラをしている時、サンカルパ(アファメーション)を心の中で唱えます。

サンカルパとはこの人生で叶えたい心からの願いのことです。

言葉の力で自分の潜在意識に働きかけ、本当になりたい自分になっていく。

それが適切なものであればいづれ必ず実現します。

 

私は今までほとんどサンカルパを唱えたことがなかったので、すぐにはしっくりくる言葉がみつかりませんでした。

なりたい自分や叶えたいことはあるけれど、ぼんやりとしてはっきりと言葉で言い切れるほど、明確になっていない思い。

そのぼんやりとした思いにじっくりと向き合ってぴったり表現できる言葉を見つけることで、本当になりたい自分のカタチがはっきりとイメージできるようになります。

あとはなりたい自分が叶うまで大切に同じサンカルパを唱え続けます。

 

言葉の力ってすごいですね。

言葉の力が眠っている潜在意識を呼び覚まし、日々の行動が自然と変わっていく、いつの間にか思い描いたなりたい自分に近づいていく。

 

そんなことをヨガニードラで寝転んでいる間にしています。

一例として「穏やかに、健やかに」

「私はあなたを大切にするよ」

「私は愛と光と癒しで満たされています」

こんな言葉を講座で教えてもらいました。

 

普段口にしない言葉たちはちょっと気恥ずかしい感じがしますが、本来の純粋な自分にはこんな言葉がぴったりなのでしょう。

 

本来の純粋な自分は、外側からは見えにくく、内側を観る力が必要になります。

 

外側に意識がいつもあると、内側を観る力が弱くて、本当にやりたいことは何か、気づきにくくなる。

 

ヨガニードラでは自分の内側に意識をとどめ続けることで、本来の純粋な自分に直接アプローチしていきます。

 

その行為はとてもあたたかく幸せな空気に満ちていて喜びそのものです。

 

本来の純粋な自分に触れることはとても神聖で美しいことだなと思います。

 

そうすることでまた、元気に日常の暮らしに戻っていけます。

大切な自分を確認できたら、また明日から頑張れる。

 

そんなお守りのようなものを教えていただいた、すばらしい3日間でした。