読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

RYT200

ヨガ

f:id:shantibreezeyoga:20161202150123j:image

先日ヨガクラスのご予約が入りました。

ほっとするのと同時にやる気がみなぎって内側からパワーを感じます。

ご予約いただき感謝いたします。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

加古川で一緒にヨガしませんか?

加古川駅徒歩5分 東播磨生活創造センターかこむでヨガ教室をしています。

 

 ヨガ講座に通いはじめて半年後にRYT200という全米ヨガアライアンスに登録できる、という資格を取得しました。

一通りヨガのポーズやマントラ、哲学、人体の骨格や筋肉のことなどを勉強し、

一人前にヨガを生徒さんに教えることができますよ、ということでしょうか。

 

まだこの時ははっきり自覚していなかったのですが、これはまだヨガのほんの少しを知っただけで始まりに過ぎないのでした。

ヨガをやればやるほど色んな事に気がついて、分かったつもりでいたら、さらにその先にまた新しく開ける扉がある、みたいにどんどん深く広く開かれていくヨガの世界。

 

そのあまりの深さ広さに、えらいことをはじめてしまったなぁと怖気付くと同時に、一生かけて学べるものに出合えたなぁと嬉しくもあり。

 

なのでヨガの先生も一生かけてヨガを修行する身であり、いつでも学びの途中なのだなぁと思います。

先生によって自分が伝えられる範囲がそれぞれ違っていて、それに合う生徒さんに教えればいい。

生徒さんがもし次のステージに行けば違う先生に教わったっていい。

 

RYT200の講座終了後は、教えてもらったとおりの型にはまったクラスしかつくれませんでした。

自分らしさがなく、かといって自分らしいヨガって何なの?とまた自問自答です。

 

その後はヨガのワークショップやリトリートなどに参加し、自分がやりたくて伝えたいヨガって何だろうと探しながら色んな先生のヨガを受けてみる事にしました。

広告を非表示にする