shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

自分がやりたいヨガとは?

f:id:shantibreezeyoga:20161202152415j:image

加古川で一緒にヨガしませんか?

加古川駅徒歩5分 東播磨生活創造センターかこむでヨガ教室をしています。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

自分がやりたいヨガってどんなだろう?

 

RYT200をとりおえていざ人に教えたいとなった時、マニュアル通りにしかできなくて、なんか 変というか、馴染まない感じがありました。

 

私はどんな風にヨガを伝えたいのだろうと、色々考えました。

 

 

私はまず、腑に落ちていなかった呼吸法をちゃんと知りたいと思い、インドの先生のワークショップを受けました。

 

インドの先生は、ヨガのポーズや呼吸法、手の指先でつくるムドラー、瞑想をする意味など、全てを理由付きで教えてくれました。

 

ヨガをしているとプラーナやチャクラなど難しい言葉がたくさん出てきて、それって本当にあるの?って思ってしまうのですが、インドの先生に教えてもらうと、きっとあるんだろうな、私も実感できるようになりたいなという気になります。

 

自分がその存在に気づかないから、そこにあるのに分からないことってこの世界にたくさんありますよね。

 

偉大な科学者や物理学者たちはきっとヨガ的な視点の持ち主で、だからこそ普通の人が考えつかないようなことを信じて研究したりするんじゃないかな?

 

私たちには見えてないから信じなかったけど、その人達には見えてる、というか多分あると信じたもの…

細菌とかウイルスとか、分子とか原子とか、周りに沢山あるけど見えてない。

 

見えてないものを見ようとする視点がヨガと似てるなぁと思います。

 

脱線してしまいましたが、インドの先生のおかげで呼吸法は腑に落ちて、少し自分がやりたいヨガに近づくことができました。