読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

ヨガ哲学

ヨガ

f:id:shantibreezeyoga:20161129150722j:image

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 兵庫県加古川市 東播磨生活創造センターかこむでヨガ教室をしています

初めてのブログですが、見てくださる方々がいらして嬉しいです。

ありがとうございます。

 

 ヨガ哲学ってご存じですか?

 

初めてヨガ哲学を知った時、自分の今までの生き方で大丈夫だよってまん丸と包まれたような安心感を覚えました。

 

人間関係で嫌な思いをしたり、嫌なことをされたりした時、自分が悪かったのかな…と思うことがありました。

 

でもヨガ哲学で良いこと、してはいけないことを知ると、私は間違ってなかったとわかってすごく嬉しくて、安心して、前向きな気持ちになり、今でも私を支えてくれています。

 

八支則は2つに分けられています

ヤマ  禁戒   やってはいけないこと

ニヤマ  勧戒  まもるべきこと

 

ヤマは非暴力、正直、不盗、禁欲、不貪

で構成されています。

 

非暴力は自他ともに苦痛を引き起こさないこと

言葉の暴力もこれにあたります

正直は嘘をつかないこと

不盗は盗まないこと

例えば相手を待たせて遅刻することも時間を盗むことになります

禁欲は独身生活を送ること

これは日常では性欲をコントロールすることだったり相手に愛情を押し付けないことだったりして、独身だからいいということではないでしょう

不貪は貪らないこと

適切な範囲を超えて抱え込まないことや

欲がからんだ贈与をうけないことがこれにあたります

 

これらを完全に守ることは本当に大変です。

たくさんのことに気づき実践しなければならないからです。

私たちは気づかないうちに人や生き物をあるいは自分自身を傷つけたり、奪ったりしているからです。

 

私もしょっちゅうできてないなと思うことがありますが、そのできてないことに気づいていることもまた大事なのだと思います。

 

ヨガをする時や普段の生活の中でこのような生きる指針を知っているのと知らないのとでは、見える世界が違ってくるのではないかと思います。

 

ヤマニヤマを自分の生活に落とし込んで、できることからやってみる、やってみたらどんな感じがしたか感じてみる、

やってみて自分も周りもいい感じがするならやり方が合っているはずです。

 

ヨガが単なるエクササイズでないのはこの哲学があるからだと思います。

マットの上でポーズを取っていなくても心を支えてくれる哲学のおかげで、穏やかであれます。

 

だからヨガをしていると、すっきりしたり、穏やかになったり、優しくなれたり、自分を好きになれたり、周りとコミュニケーションがうまくとれたり、毎日生き生きとしたり、するのだろうと思います。

 

この八支則も最初は難しくてわかりにくかったのですが、ヨガを何年かするうちに自分の考えや言葉で表現できるようになってきました。

こうやってだんだんと自分の中に落とし込まれて浸透してゆくものなのでしょう。

 http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

広告を非表示にする