shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

自分のことって実はよくわからない

f:id:shantibreezeyoga:20170410123734j:image

加古川でヨガ教室をしています。

春はデトックスをテーマにゆるく楽しくヨガします。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

例えば自分の身体のこと。

 

知ってるようで知らないことだらけ。

 

生まれた時から死ぬ瞬間までずっと一緒の私の身体。

 

ずっと一緒だからあるのが当たり前すぎて普段は意識することがほとんどない。

 

いろんな仕事をこなしてくれる手。

いつも行きたいところに連れて行ってくれる足。

素晴らしい景色を見せてくれる目。

 

指示しなくてもいろんなことを正常に機能させてくれる身体の内側の世界。

挙げたらキリがないほど。

この知ってるようで知らない私の身体はいつも頑張ってくれている。

 

でも現代の生活では、あんまり動かなかったりモニターばかりを見つめていて、心と身体は離ればなれになっています。

 

例えばジャンプをしてみたら

自分が思っているより身体が重く感じたり

足の指を大きく開こうと思っても

うまくコントロールできないことってありませんか?

 

こんな筈では…と思ったら

心と身体が離れちゃってるなと気づくチャンスです。

 

ヨガの様々なポーズは自分の意思で身体をコントロールするためにあります。

 

それは心と身体を1つにする、結ぶということでヨガという言葉の起源です。

 

初めはできなくて当然です。

 

根気よく丁寧に意識を向けながら続けると自分の意思で身体をコントロールできるようになります。

 

そして自分のことよくわからないなぁと思っていた時よりも少しずつわかってくるはずです。

 

例えば私の骨盤は左右高さが違うから

やりにくいポーズがあるのかぁ

じゃあ骨盤を整えるポーズをしよう!とか

猫背だから呼吸が浅くて気分も塞ぎがちだったのか!

じゃあ胸を開いて肺にたくさん空気が出入りするポーズをしよう!とか

 

ヨガの先生も「practice」ってよく言っていた。

 

やってみて自分で感じること、気づくことがたくさんあって、見ているだけ、知っているだけとは次元が違う。

 

そうやって以前より自分のことがわかるようになります。

 

だからポーズを完成させることをゴールとせず、気持ちよく伸びている身体を感じるヨガをしています。

 

だからヨガには身体の硬さは関係ないのです。

 

曲芸のような難しいポーズができなくたってかまいません。

 

基本のシンプルなポーズさえ、丁寧にやればやるほどたくさんのことに気づかされ、終わりはないのだと教えられます。

 

伸ばしたり縮めたりひねったりした後の解放された心と身体が気持ちいいかどうか。

 

その気持ちよさのためにヨガをやっています。

身体が整った後のシャヴァーサナは極楽そのもの♪

 

ぜひみなさんも一緒にヨガしましょう♪

自分の身体と向き合って繋がってください。

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解決策は自分の外側にない?

f:id:shantibreezeyoga:20170331141234j:image

加古川でヨガ教室やってます。

春ヨガ始めました。

詳しくはhttp://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

例えば何かを始めたいけどできない自分がいるとします。

 

できない理由をあげるとしたら?

お金?

時間?

人間関係?

解決策や問題点を自分の外側に求め続けるか。

 

もしかしたら

一番の理由は失敗したら…という臆病な心のせいかも。

解決策は自分の外側ではなく内側にあるのかも。

 

そう言う私もやっぱり何か新しいことを始める時は怖気づきます。

 

何かを始める前から

失敗した時のことをあれこれ考えてしまいます。

 

ヨガ教室を始める前

 

もし誰も来なかったら…

うまく誘導できなかったら…

赤字になったらどうしよう…

 

こんな考えが湧いてきて始めるのに

二の足を踏んでしまいそうでした。

 

こんな時ヨガ哲学で

何とかこの考え方から抜け出すことができました。

 

それはいつでも「今 ここにいる」ということ。

 

いつでも今生きているこの瞬間に

心も身体もあるということ。

 

例えば先の話では

心は「まだ見ぬ失敗した時」にいます。

まだ失敗するかもわからないのに。

失敗してもそれで終わりではないのに。

 

やりたい事をできなくさせているのは

失敗した時のことを想像している

不安な自分の心。

 

人の心は縦横無尽だから

ここだけに留まるのは苦手です。

過去や未来に簡単に飛んでいって

今やるべき事を見えなくさせたり

今の自分を不安にさせます。

 

心とはそういうものであるとヨガ哲学は言っています。

 

その心と自分の魂のような部分とは別物であるとも言っています。

 

心はふわふわと何処かに行ってしまうもので

魂のようなものはいつでも自分の中心に在り続けるもの。

 

だから心の作用に振り回されずに

本当にやりたいこと、自分の中心に在り続けることを見る。

 

この不安は私の心が作り出しているもの→あぁ 私は今不安を感じてるんだな、と俯瞰する、客観視する

 

だから不安は自分で消し去ることができる→この不安と私の本質は一緒ではない、と気づく

 

今やるべきことはヨガ教室を始めるということだけで、そこに集中している限り心に不安が入り込む隙はなくなる。

 

こんな風に少しずつ目の前のやるべき事をクリアしていきながら、ヨガ教室をスタートさせることができました。

 

いざ始めてみると、何であんなに不安だったり余計な心配してたんだろう。

 

目の前にすごく大きな壁があると思ってたけど超えてみたらまだ壁があった!

↑今の私です

 

春は何かを始めたくなりますよね。

3月で年度も季節も切り替わって

新しいスタートを切るのにぴったりな

4月が始まります。

 

考え方の癖を解いて

やりたいことができたらいいですね。

ぜひ、ヨガにもトライしてみてくださいね。

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

もっと人を頼っていいのだ!

f:id:shantibreezeyoga:20170324142859j:image

 

shantibreezeyogaは春のヨガプログラムを始めました。

新生活が始まるこのキラキラした季節を楽しむためにヨガでもしながらリラックスしましょ♪

 加古川のヨガスペースhttp://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

もっと周りの人を頼っていい。

 

でも人に助けを求めるのってなんだか苦手でうまくできない。

 

大人になったら自分に任された仕事をして後輩の面倒も見てあげて、失敗しないように周りに迷惑かけないように生きてきた、つもり。

 

だから何でもひとりで抱え込んで、ひとりで解決することに慣れてしまった。

 

だからどうやって人を頼ったらいいのかわからなくなっちゃったのかも。

 

頼ったら相手に迷惑かなって思ってしまう。

あの人もきっと手一杯だから自分のことは自分でやらなきゃ、と。

 

以前会社で働いていたころの自分はこんな感じです。

今も人に甘えるのは苦手かも(笑)

 

でもね、ひとりで抱えてるものが増えすぎると体や心を壊しちゃうから。

 

そうなる前にぱんぱんに膨らんだ抱えてるものを一旦下ろすとか整理して減らすとかしないとね。

 

そのために人を頼ってみる。

 

例えばマッサージとか、自分でもできるけど人にやってもらう独特の心地よさが疲れをほどいてくれる。

 

ヨガならリラックス系のゆったりしたものにさらに瞑想など鎮静させてくれるものを取り入れるのがオススメです。

 

ヨガももちろん自宅でひとりでもできるけど、先生に誘導してもらうと集中しやすい気がする。

 

自分であんまり考えなくていいから頭の中に空っぽのスペースができてくる。

 

空っぽのスペースができると自分を見つめる余裕ができてくる。

 

余裕があるといい考えが浮かんだり直感が冴えてきて自分にとっていい判断ができる。

自分を信じられる。

元気になる。

 

私が先生にヨガを習っている時はこんな感じで頭が冴えてきました。

 

私のヨガクラスもそんな風に使って欲しい。

人に頼るのが苦手な人が、ヨガで少し荷物を降ろして楽になって、また元気になってくれたら嬉しい。

 

疲れたらヨガでもしてみよか。

そんな風に気軽にヨガを日常生活に取り入れてみてください。

 

私のヨガクラスではリラックスヨガでヨガニードラを取り入れています。

とってもリラックスできるから疲れたら訪ねてみてください。

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

 

春はデトックスの季節!

f:id:shantibreezeyoga:20170321140159j:image

 いつも見てくださってありがとうございます。

shantibreezeyogaは春のクラスを始めました。

冬の疲れをデトックスしてすこやかに春を迎えましょう♪

詳しくはhttp://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

春は体調を崩しやすいですね。

 

日中暖かくても朝晩は冷え込みます。 

気温差で風邪をひきやすい時期です。

 

花粉も気になりますね。

私はこの時期鼻がつらいです。

 

それ以外にもお腹をこわしたり便秘になったり、いろんな不調が出やすいです。

 

私は最近ガスでお腹がぱんぱんになってしまい、痛くてしょうがなく数日苦しかったです(笑)

 

今となっては笑えますが、やはり出るものは出ないと大変だぁと思い知らされました。

 

春と秋はヴァータ(主に風の性質)が乱れやすい季節なので、ずはり私はこの時期特有の乱れの影響を受けたんでしょう。

 

大とか小とかガスとか汗とか、出るものがちゃんと出ることはデトックスの基本。

 

とくに大とか小とかガスとかは(何度もすいません)、アパーナヴァータという下に向かうエネルギーに支配されています。

 

普段からこれらを出すことを我慢するのは良くないことといわれています。

 

日常生活ではやむなく我慢しちゃうこともありますよね。

でも我慢するのは良くないと知っているだけできっと行動が変わってくるはずなので大丈夫です。

 

私の場合はこうなる少し前から菌活(昔ながらの漬物とかヤクルトとかビオフェルミンなど)してたんですけど、少し量を増やして快方に向かいました。

 

お腹のデトックスの力はすごいなぁ〜と実感しました。

 

さらにこのデトックスに効果的だったのがヨガのひねりのポーズたち。

 

上半身と下半身を逆向きにひねるポーズを取り入れると、解いた後にお腹の動きが活発になって音が聞こえたりします。

 

ちょうどお腹のあたりがひねられると内臓が刺激されて動きが良くなるんです。

 

ひねりのポーズのおかげですっかり元気になりました。

 

こうやって日常生活にヨガを取り入れていくと季節の変化にうまく対処できますよ。

 

春のクラスにはデトックスに適したひねりや開脚のポーズを取り入れています。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

 

 

 

 

 

春は自律神経を整えて

f:id:shantibreezeyoga:20170220112358j:image

加古川駅徒歩5分のヨガスペース

「かこむ 」で朝ヨガ、ヨガニードラやってます。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

3月、4月になると、なんだかダルい

朝起きられない、夜寝付けない

日中眠くてしょうがない

やる気がでない…

こんな症状が出るかもしれません。

 

それは冬から春に季節が変わる時に、体も同じように春に向けて準備しているサイン。

 

朝晩はまだ寒いけど日中は気温が上がるから、体温調節で自律神経はすごく忙しくなる。

寒いと自律神経のうちの交感神経がonになり皮膚の毛穴をキュッと締めたりして体温を保つ。

日中は暖かいから自律神経のうちの副交感神経がonになりやすく、ゆったりとしやすい、だから眠くなりやすい。

まだ自律神経が調整中だから朝晩と昼の気温差が大きいとうまく切り替えられない。

 

朝、太陽が出る時間も少しずつ早くなるから、冬よりも春から夏にかけては睡眠時間は短くなっていく。

だけど自律神経は調整中だから、短くなっていく睡眠の間に夜の仕事が終えられなくて、朝起きた時なんだかぼやんとしてしまう。

 

これは当たり前のこと。

自分の体の恒常性の働きのおかげです。

今頑張って調整してくれているところなんです。

 

でも日常ではそんなのお構いなしに、仕事や家事や勉強をいつもどおりにしなくてはいけない。

 

しなくてはいけないと思っている自分がいる。

 

周りのみんなもそう思っているしそうしているから?

でもきっとみんなこの時期は不調が出やすいはずなんです。

 

花粉症や風邪や、卒業や入学や、引越し、転勤、決算、入社式…寒いけど花見もしたい。

 

こんな不調が出やすい時期にイベントが盛りだくさんです。

 

だからこの時期は、少しくらいうまくいかないことがあったって、自分を責めないでください。

うまくいかなくて当たり前。

うまくいったらラッキー、ぐらいのゆとりを、自分にも周りにも。

〜しなくてはいけない、はちょっと脇に置いといて、あ、今ちょっと小休憩しちゃおう、美味しいおやつとあったかい飲み物と一緒に。

 

そうしたらまた少し頑張れます。

 

私のヨガクラスでは春は朝ヨガで自律神経を整える要素を取り入れています。

ヨガニードラはそれ自体自律神経を整えるのに役立ちます。

ぜひ試してみてくださいね。

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

 

 

チャクラって本当にあるのかな?

f:id:shantibreezeyoga:20170212135329j:image

まだまだ寒いけど春はもうすぐそこまで。今週はご新規の方とヨガニードラしました。

加古川駅徒歩5分の「かこむ」でヨガしませんか?

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

チャクラって良く聞くけど何なの?

どこにあるのかな?

何だか信じられない…

 

私の正直な気持ち。

まだヨガをあまり知らない頃の。

 

自分でそこにある、とか見える、とかの実感 がなければ、本当にあるって信じられないものっていっぱいありますよね。

 

例えば太陽や月のエネルギーが自分に降り注いで包んでくれていることとか、太陽系の外側にさらに広がっている宇宙の果てとか。

 

身近なことであれば、風とか空気とか、愛とか心とか。

 

上記は人によって実感する人としない人が分かれそうです。

下記はあったりまえでしょって言われそうです。

この2つを隔てるものこそ、知と無知。

 

風や空気や愛や心は見えないけど、確かにあるとみんな経験で知っている。

 

でも太陽とか月とか宇宙とか果てしなく遠く大きな存在のことには、あるんだろうけど見たことないし実感できないから、何だか信じられないような気持ちになる。

 

チャクラもきっとそれと同じです。

誰の体の内側にも確かに存在するけれど、実感できないから信じられない。

 

 

普段の生活では、私達はいつも、外側のことに注力しています。

 

外の景色やテレビやパソコン、スマホ、そして周りの人々の表情や言葉。

 

自分の内側に目を向ける暇はほとんどありませんし、習慣もないかもしれません。

 

ヨガをしていると、呼吸や体の動きやその時の心の状態を観察する力がついてくるので、あ、何となくここかなぁ?とチャクラポイントがわかったりします。

 

チャクラはサンスクリット語で車輪という意味です。

 

背骨に沿って会陰の近くから頭頂まで7つあると言われています。

 

7つの車輪が滞りなく回転しながら会陰辺りから頭頂へとエネルギーを押し上げます。

 

頭頂がエネルギーで光り輝くことが健康で幸せに満ちているとされています。

仏像で表現されている光の輪と似ています。

 

普段の生活で、目で見て触って音を聞いて食べて鼻を刺激する香りに囲まれていると、エネルギーは上昇せずに前方に放出されます。

いつも五感を刺激に結びつけていると、エネルギーは前向きに消費され、心と体を満たしてくれる上向きのエネルギーは枯渇してしまいます。

 

だからヨガで内観する時間が必要なのですね。

 

最後に誰にも確実にあると実感できるチャクラポイントがあります。

それは心=ハートです。

教えられなくても知っている心のポイントは胸ですよね。

心は頭やお腹ではなく胸にあるとみんな知っています。

 

ハートのチャクラは緑色の蓮で表現される愛の存在する場所です。

 

パソコンやスマホを触る時間が長い人は胸が閉じてしまうので、このチャクラがうまく回っていないかもしれません。

 

何だか気分が塞ぐときはハートのチャクラに手を当てて深呼吸してみましょう。

 

自分のハートを大切に💚

 

 

自然からエネルギーをもらってる

f:id:shantibreezeyoga:20170206124356j:image

いつも見てくださってありがとうございます!

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

自然からエネルギーをもらうってどんな風に?

 

ヨガでは自然のエネルギーのことをプラーナという言葉で表現しています。

単に科学的なエネルギーというよりはもっと多面的な生命力のようなもの。

 

この地球の自然界、そしてそれを取り巻く宇宙にもプラーナはあります。

 

わかりやすいものだと太陽や月のエネルギーであれば感じやすいのではないでしょうか。

すごく大きくて力があるから。

 

太陽のおかげで明るく暖かい。

月のおかげで引力があり立っていられる。

 

太陽は日中の活発なエネルギーを、

月は穏やかな休息のエネルギーを。

 

私達は誰かに教えられなくても太陽と月にはこのような活力や癒しを感じますよね。

 

目に見えなくても、私達は太陽と月からこのようなエネルギーをもらっていると知っています。

当たり前すぎて無意識になっているけど。

 

その想像力や認識力を高めたらどんなでしょう。

 

以前ヨガニードラの講座に行った時の先生がおっしゃった言葉。

 

自分がヨガの先生として誘導する時、宇宙からのshantiなエネルギーを頭頂から受け取って、言葉と共に前に向けて出せばいいと。

そうすれば自分のエネルギーを消耗して疲れたりしないよと。

 

えぇーっそんな方法があったのか!

という衝撃。

宇宙というshantiなところに自分をチューニングして、言葉としてshantiなエネルギーを生徒さんに届ける。

 

せっせと自分一人で頑張るよりも、宇宙という存在の力を借りてゆったり呼吸をしながらヨガをすると、疲れないしさみしくないし楽しい!

 

これはヨガに限らず生きていく上で色んなシーンで役に立つはず。

 

自分一人が辛い思いをしていると感じる時、何だかうまくいかない時、元気がない時。

 

そんな時は太陽や月を見ながら深呼吸してみよう。

頭のてっぺんから宇宙のエネルギーを吸い込むように。

 

太陽に当たって暖かいと感じる時、月明かりを感じる時、光の粒子が自分に当たって包んでくれてるんだって。

触れているから暖かいと感じるんだって。

 

そう感じられることのすばらしさ。