読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

デジタルデトックスでmindを静かにする

f:id:shantibreezeyoga:20170116103548j:image

先日HPを見つけてくださった方から

ご予約いただきました。

こんな小さなHPをよく見つけてくださったなぁとうれしくなりました。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

最近デジタルデトックスって言葉、よく聞きますね。

つまりスマホやPC、テレビゲームなどブルーライトを発する電子機器から自分を遠ざけようということです。

 

ブルーライトが眼を刺激し、眼精疲労、脳神経疲労、不眠を招くことはよく知られています。

 

それ以外にも、いつも心が何かに結びついていないと落ち着かない、mindを静かにできないことが、心や体を蝕んでいると感じます。

 

いつでもどこでもスマホでゲームやSNSとつながり、いつも心を刺激と結びつけていると、いつの間にか何もせず1日が終わってしまうような気がします。

 

いずれその1日が一週間になり1ヶ月になり1年になり。

 

本当に自分がやりたいことは何なのか気づかない、見つけられないまま何年も過ごしてしまうかもしれません。

 

心は動きたがりだから、その時その時の空白を埋めるようにすぐに刺激を求めてさまよいます。

 

瞑想で静かに眼をつむって座っているとき、しばらくすると考え事が浮かんできて集中が途切れてしまうのもそのためです。

昨日の失敗を思い出したり、明日のテストの心配だったり、今ではない過去や未来のことにとらわれがちです。

 

後悔や心配は今を生きている自分にとってはどうしようもないことなんですけど、やっぱり気になりますもんね。

 

かといって瞑想のスペシャリストのように心を1点に結びつけて長い間集中し続けることはとても難しく挫折してしまいそうです。

 

なのでまずは、心が今結びついているものにいつも気がついている、というのはどうでしょうか?

 

例えば、私は今SNSに夢中だな、もう1時間はやっているかもしれない、そろそろ終わりにして眼を休めようかな…という感じで。

 

夢中だな、ということに気がついているということは、客観的に見ている自分がいるということ。

 

何かに没頭しているけれど、それを知っていて、いつでもやめられる、コントロールできる状態でいること。

 

何かに夢中で周りが見えないことと

何かに夢中だけど周りも見えていること。

 

ヨガや瞑想で目指しているのは後者です。

そうしていると、自分が本当にこの人生で叶えたいことが見えてくる気がします。

 

 

ヨガでポーズをとる理由

f:id:shantibreezeyoga:20170116095949j:image

加古川に初雪が降りました!

その日の早朝はまだ月が出ていて空気はきぃんと冷えていてうれしくなりました

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

ヨガと言えばたくさんのポーズ。

やさしいものから難しいものまで

まだ私も知らないポーズがたくさんあります。

 

どうしてヨガではこんなにたくさんの

ポーズがあるんでしょうか?

 

体を柔らかくするため?

肉体と精神を鍛えるため?

 

わたしが思うには

いつも体をニュートラルな状態に保つため、です。

 

体は日常生活の癖や間違った姿勢の影響でいつも歪んでいます。

意識できなくても左右のバランスが崩れていることはよくあることです。

 

ヨガのポーズをとることで少しずつ崩れたバランスが改善されて、体が整っていきます。

その整った状態がニュートラルです。

 

でもヨガでポーズをとったりして左右のバランスを観察したりしないと、自分の体が今どんな状態かって意外と気がつかないと思うんです。

 

例えば開脚をしたとして、左右の足は同じように開いているかな?

もしどちらかが開きにくいとしたら骨盤に歪みがあるからかもしれません。

そうやって自分の体の歪みに気がつくことができるんです。

 

歪みを放っておくと、関節や筋肉に負担をかけたり、血流を悪くしてしまうことがありますから、歪みに気づいて対処することは健康のためにとても大事です。

 

だからヨガをするときは、自分の体や心の状態をよく観察しながらポーズをとります。

 

そして左右のバランスがとれ体幹が強くなってくると、安定した状態で長く瞑想のために座っていられるようになります。

 

究極にはこのためにヨガのポーズがあると言えると思います。

 

体が整っていると、長い時間安定して座り、瞑想のために集中できる

その結果心も整う、というつながりです。

 

なので私のヨガクラスでは、ポーズの完成度は横に、もしくは遠くに置いておいて、自分の心と体を観察することに重きを置いています。

 

体がかたいとか柔らかいとかは関係ないんです。

 

ヨガと食事の良いカンケイ

f:id:shantibreezeyoga:20170113123600j:image

 加古川でヨガクラスを開催しています

加古川駅から徒歩5分 東播磨生活創造センターかこむのスタジオをお借りしています

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

いつもブログを見てくださり

ありがとうございます。

 

今年は新年早々ご予約のお電話があり

幸せな気持ちでスタートできました。

そしてキラキラした明るい女性とお話する機会がありました。

ご縁に感謝♡

 

ヨガをしている人ってヘルシーなイメージがありませんか?

それは何故でしょうか。

 

ヨガには不盗という教えがあって

盗まないことを修行のひとつとしています。

例えば、待ち合わせに遅刻して、相手を待たせてしまうことは、相手の時間を盗むこと、奪うことにつながります。

生き物の命を奪うことも不盗です。

 

だからヨガを修行として行っている人は厳格なベジタリアンなのです。

動物の肉を食べない、野菜中心の食生活なのでヘルシーなイメージがあるのでしょうね。

日本でも精進料理がそれに当たりますね。

 

なので私もベジタリアンになった方がいいのかな…と思ったこともありました。

 

でも私は健康でいつも穏やかでいたい、

そのためにヨガをしていて、修行を極めるためではないな、と気がつきました。

野菜だけだとどうしても栄養のバランスが崩れやすく目的である健康を維持するのは難しいなぁと。

だから私はベジタリアンではありません。

 

十分な知識なしで、専門家のサポートもなく、完全なベジタリアンになることはとても危険です。

ビタミンやミネラル、様々な栄養素が不足しやいので健康を損ないやすくなります。

女性は生理が止まったり、貧血になることもありますから注意してください。

 

では、どうすればいいのでしょう?

 

私は、命に感謝して残さずありがたくいただくようにしています。

自分の体の滋養になり、一部として変わるものとして、大切にする。

必要な分だけいただくようにし、食べ放題のように貪らないことも気をつけています。

 

できれば、運動をしやすく、綺麗な厩舎で健康で大切に育てられているといいですね。

 

そういう理由でオーガニックなものが

もっと日本で普及するといいなと思います。

自分にもいいことが環境にも優しいって嬉しいです。

 

ヨガをした後はとても体の吸収力が上がっているから、すぐにご飯を食べない方がいいって聞いたことあるんですが、言い換えれば、体にいいものを取り入れればそれだけ体に吸収されるってことです。

 

だから自然と普段の食生活を意識するようになりました。

できるだけ農薬が使われていないものを選んだり、オーガニック製品を取り入れるようになりました。

 

一般のものより割高なので全てをオーガニックにするのは難しいですが、オーガニックを選択することで、そこの農家さんや酪農家の方々を少し応援することができたら、もっと安心して食べられるものが増えていくのかなと思います。

 

 

 

おわりとはじまり

f:id:shantibreezeyoga:20161230133908j:image

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

いつもブログを見てくださる方、本当にありがとうございます。

どこをどんな風につながってここを見つけてくださったのだろうと、不思議で、また嬉しい気持ちです。

ご縁に感謝します。

 

もうすぐ2016年が終わりますね。

毎年一年過ぎるの早いな〜と怖くなります。

 

一年前の自分は今とどう違うでしょうか?

全然前に進んでないつもりでも、実際はその時と見えている世界が違うのではないでしょうか。

 

私の場合は、新しい場所でヨガスタジオをスタートさせたこと。

2016年の半ばまでは、ここまで来られるとは思ってなかったし、しようとも思わなかった。

まだ全然順調ではないけれど、2017年は新しい場所で楽しく頑張っていきたい。

 

いつも自分に厳しい方も、年末にはこの1年を振り返って、よく頑張ったよね、と自分を労ってあげてください。

 

年末年始お仕事の方も、お休みが取れたらゆっくり自分を労ってあげてください。

 

新しく始まる2017年が皆さんにとって健やかで穏やかで幸せな1年になりますように。

素敵なご縁に恵まれますように。

 

om shanti shanti shanti

 

 

朝ヨガのススメ

f:id:shantibreezeyoga:20161226151042j:image

加古川市 東播磨生活創造センター「かこむ」でヨガクラス開催中です

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。

本当に嬉しいです。

 

 

今回は朝ヨガのおすすめです。

皆さんは朝ヨガをされたことはありますか?

 

なぜ朝にヨガするのがおすすめかというと、

1日の始まりで空気が澄んでいて

とても環境がいいから

辺りが騒がしくない時間帯なので、静かにヨガに集中できます。

 

午前中に体をほぐして代謝を上げておくと、夜にかけてエネルギーを効率的に消費できるから

痩せやすい体になります、うれし!

 

朝 太陽に当たっておくと夜の副交感神経のスイッチがスムーズに入り、良い睡眠を得られます

脳神経外科の先生も朝 太陽に当たりなさい、深く寝られるようになるから、とおっしゃっていました。

 

朝にヨガをするといいこといっぱい!

 

私は以前昼過ぎのクラスを持っていたんですが、たまたま朝のクラスをすることになったことがありました。

 

朝の空気をひんやりと感じながら会場に向かうと、自然と深呼吸したくなります。

 

もうこの時点ですでに気分が良いのですが、いざクラスがスタートするといつもよりも周りが静かなことに気づいて、あぁ〜気持ちいぃなぁ〜、いつもよりも集中できてるような気がするなぁ、静かで癒されるなぁ、といった気持ちが湧いてきました。

 

それ以来、朝ヨガに病みつきです。

 

ですので、私のヨガも午前中にすることにしました。

施設の都合上、早朝とはいきませんが、午前中に場所をお借りしています。

 

朝、綺麗な空気をたくさん吸い込みながら自転車をこいでいると、学生のころに部活の朝練をしていたころを思い出します。

 

そんなタイムスリップ感も楽しみつつ、朝の時間を楽しんでいます。

 

 

毎月の生理のこと

f:id:shantibreezeyoga:20161226143436j:image

加古川市 東播磨生活創造センター「かこむ」でヨガをしています。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

おんなじ女性同士で集まっても、話したりしない生理のこと。

毎月生理はありますか?

痛みはあるでしょうか、経血の状態はどうですか?

 

他の人と話さないとてもプライベートなことだけに、自分の生理ってどうなのかなって思いますよね。

 

私は婦人科の疾患があると分かってから毎月の生理がなくなればいいと思っていました。

生理があることで悪くなるかもしれないから。

子供を産む予定もないし別にすぐに閉経してもいいのに、とかなり投げやりな気持ちでした。

 

でも女性の身体のことを色々調べていくうちに、生理が毎月あるって素晴らしい、ありがたいことだなって思うようになったんです。

 

それは毎月の生理がデトックスになっているということ。

中医学でいう血の巡りが悪い状態である瘀血を少しずつでも排出して綺麗に掃除することができます。

 

そして生理がある、つまり女性ホルモンが分泌されているおかげで骨粗鬆症から守られているということ。

閉経すると女性ホルモンの働きが弱まるので骨粗鬆症になりやすいんです。

 

毎月の生理の状態を観察することで今の身体の状態に気づきやすくなります。

 

私は最近半年ぐらい基礎体温をつけています。

女性ホルモンである、エストロゲンプロゲステロンのバランスを見るのに助かっています。

排卵があるかどうかわかれば、プロゲステロンが分泌されているかがわかります。

最近の20代〜30代の女性はエストロゲンの分泌が多すぎ、プロゲステロンの分泌が少なくて、女性ホルモンのバランスが崩れている人が増えているそうです。

私もそのひとりです。

だから毎月の生理をとても大切にしています。

 

あんなに面倒だと思っていたのに、今では女性ホルモンに守られてるなぁ、ありがたいなぁという気持ちです。

 

アーユルヴェーダで私を知る

f:id:shantibreezeyoga:20161223114048j:image

加古川市 東播磨生活創造センター「かこむ」で女性のためのヨガクラス開催中です。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

アーユルヴェーダとは生命の科学という意味のサンスクリット語です。

全てを学ぶにはとても時間と経験が必要な深〜い世界ですが、私は自分のことをよく知ってうまく付き合っていくためのツールとして活用すればいいと思っています。

 

アーユルヴェーダには自分の特性を知る方法があります。

その特性には3種類あって、ヴァータ、ピッタ、カパといいます。

ヴァータは主に風の性質

ピッタは主に火の性質

カパは主に水の性質を持っています。

 

誰でもこの3つの性質を持っていますが、その割合は人それぞれ違います。

その割合を知ることで自分の体質を知ることができます。

 

専門書やインターネットでも簡単な質問に答えていくことで自分はどんな体質なのか知ることができます。

 

初めてアーユルヴェーダで自分の特性を判断した時、今思えば、自分の心や身体の傾向を自分自身がよくわかってなかったな、と思います。

自分自身のことが、実は見えにくいのですよね。

なので、最初の判断を鵜呑みにせず、その後何度か自分をよく観察して診断を繰り返してみることをお勧めします。

 

私の場合は、最初自分はヴァータ体質だと思っていました。

もしかしたらその時ヴァータが過剰だったのかもしれません。

今では自分はピッタ体質だと判断しています。

当初よりも、もっと客観的に自分を見ることができ、診断が的確にできるようになってきました。

ピッタ体質なので、身体の中に熱を持っていますから、夏は苦手で冬は寒さに強いです。

何となく冬が好きだな〜と思っていたのには、自分の体質が関係していたんですね。

ピッタがバランスを崩すと、怒りっぽくなったり、皮膚に蕁麻疹ができたり、消化不良を起こしたりするそうです。

 

あらかじめ自分の性質を知っておけば、季節に応じて、またその場のシチュエーションに合わせて、対処することができます。

例えば、ピッタ体質だから夏場は直射日光に当たりすぎないとか、ヴァータ体質の人は冷えや乾燥に注意するとか、カパ体質の人は湿度の高い時期と肥満に注意するとか、その人の特性に合わせて対処することができます。

 

ヨガと一緒で、アーユルヴェーダの知恵を日常生活に活かすことで、ニコニコと機嫌良く健やかに暮らすことができますよ。

自分のことを後回しにしないで、1日の中で少しでも気遣い大切にする時間を持ってくださいね。