読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shantibreezeyogaのウチソト

ヨガと女性の健康について思うことを徒然なるままに書いています

完璧じゃない自分にYES !

f:id:shantibreezeyoga:20170503101555j:image

加古川市でヨガ教室してます。

加古川駅からすぐだから気軽にきてくださいね。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.com

 

 

自分のことがあんまり好きじゃない時があった。

 

なんで好きじゃなかったんだろ。

 

…いろいろ考えたけど、

 

答えをどんどんシンプルにしていくと

 

完璧じゃないから、かな。

 

身体が、心が、理想と違うから。

 

今思うと、理想に完璧であろうと頑張りすぎていたのかなぁ。

 

すごくスタイルがよくて可愛い女性を見るとそうじゃない自分にガッカリ。

 

ネガティブなことを言ったり思ったりする自分の弱さが好きじゃなかった。

 

ヨガをする人って、なんかこうポジティブの塊みたいなイメージがあって、負の感情を持ってちゃいけないのかなぁ…と漠然と感じていた。

 

今となっては、自分の欠点や弱いところも含めて自分、と肯定できるようになったんだけど。

 

当時の私は弱い自分を認めたくなくて

できるだけ良く見せようとしていた。

 

でも、あるヨガの先生の本に書いてあった。

 

悲しみや悔しい気持ちや怒り、自信のなさが自分にあることを素直に認めていい。

 

あの時私は悲しかったんだな…悔しかったんだな…怒っていたんだな…

その感情は嘘じゃないから、なかったことになんてできないし、しなくていいのだ。

 

そういう感情ならではの気づくことがあるから。

 

なんでそんな感情が出てきたのか、無視しないでちゃんと向き合う。

 

ただその感情に寄り添って、そうかそうかとなだめて、通り過ぎるのを待つ。

心が癒えるまで。

 

いつもニコニコ、ハッピーな私を演じなくていい。

 

それと同じくらいネガティブな感情があっても、それとちゃんと向き合っていることが大切と思います。

 

なかったことにしないで認めてあげてね。

 

そんなこんなで、完璧じゃない自分にYES!って言えるようになりました。

 

本来の自分以上に良く見せなくていいし

何もかも楽になったよ。 

身体も。心も。

  

完璧じゃない私のことを誰かがサポートしてくれて、

完璧じゃない誰かのことを私がサポートできることがあるかもしれない。

 

それがヨガならさらに嬉しい。

 

そうやって不完全な部分を

お互いに素直にさらけ出せて

お互いに補いあって…

というのが当たり前に遠慮なく素直にできたら

幸せですね。

 

 

 

 

 

新生活の緊張、ゆるめよう

f:id:shantibreezeyoga:20170424174133j:image

いつも見てくださってありがとうございます。

最近ペアヨガを始めました。

気軽にヨガで自分をケアしませんか?

場所は加古川市東播磨生活創造センターかこむ

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

桜が散って🌸初夏のような暖かさに包まれたいい季節がやってきましたね。

 

新しい環境にはもう慣れましたか?

 

新生活に慣れるためいつも緊張を強いられて、自分らしさが萎縮しているかもしれませんね。

 

初めてのことってやっぱり緊張します。

不安もいっぱい。

できないことも多い。

 

みんなそうなのだとわかっていても。

 

うまくいかなくてイライラしたり

怒られて凹んだり。

 

新しいことに慣れるまでは
失敗もするし怒られる。

 

そうやって新しいことを経験していくんですね。

 

ある時ふと、あんなにできなかったことが、ちゃんとできるようになってたりしますから大丈夫。

 

私もヨガ教室を始める時は

うまくいくか心配で毎日不安でした。

 

今でも順風満帆とは程遠い状態で

ど〜しよ〜(泣)と

頭を抱えたくなることがあります。

 

でも自分がやりたいことだから

簡単に諦めたくない。

 

まだ始まったばかり。

諦めるには早すぎる。

 

そう自分に言い聞かせてなんとか続いています。

 

今は新しいことを覚えたりこなしたりするのにいっぱいいっぱいかもしれませんが、ふぅ〜と深呼吸してリラックスしてください。

 

緊張してると呼吸が浅くなって

リラックスできません。

 

ふぅ〜と深呼吸を繰り返すと呼吸が深くなって、心も穏やかさを取り戻し、冷静に判断できるようになりますよ。

 

コツは吐く息を少し長くしてみること。

しっかり吐くとたっぷり吸うことができます。

 

ヨガでも呼吸はとても大切。

 

毎日ひっきりなしにしている呼吸だけど

うまくするには意外に難しい。

 

だから練習が必要なんです。

 

普通なら生まれてから誰も呼吸の仕方なんて教えてくれないもんね。

 

始めはうまくいかなくても練習したらうまくできるようになります。

 

うまく出来たら呼吸が浅いときにはすぐに気づいて改善できる。

 

緊張してるな、と思ったら

ふぅ〜と深呼吸して、緊張をゆるめよう。

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切な人に触れる喜び〜ペアヨガ〜

f:id:shantibreezeyoga:20170413154936j:image

 4月からペアヨガクラスがスタート!

仲良しさんを連れてぜひ来てください

たくさん集まるほど楽しいよ

 

加古川のヨガ教室

場所は東播磨生活創造センターかこむ

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

いつも見てくださってありがとうございます!

見てくれる人がいるから続けようと思えます。

 

さてさて、4月からはじまるペアヨガ。

 

普段はひとりひとりが自分に向き合うヨガなんですけど、ペアやグループになると相手も意識することになりますよね。

 

ひとりひとりでやっていると、他の人より上手くしたいとか、他の人より出来てないわぁとか、比べて白黒付けようとすることがあります。

 

まぁ、それに気づくのもヨガということなんですけど。

 

ペアやグループでヨガをすると、周りの人たちのおかげで、そういった比較やランク付けしようという気持ちが入る隙がありません。

 

みんなでワーワー、ぎゃーぎゃー言ってると、もうみんな子供のような笑顔になって、それを見てまた笑顔になっちゃう。

 

ただ単純に、みんなで同じことするって楽しいねぇ。

 

大きな円になって座ってると、幼稚園や小学校でフルーツバスケットしたこと思い出した…今はもうしてないのかな?

 

大人になると、自分と同じような立場の人たちと付き合うことが多いけど

ペアヨガクラスの中では年齢も性別もバラバラ。

 

いろんな世代の人たちが一緒になってヨガすると、不思議な一体感に包まれて

ただただ楽しい。

 

楽しそうなみんなを見ている楽しい自分。

 

やっぱり、上手くできるとかが大事なんじゃないんだな。

 

 

 

ペアヨガ始めました!

f:id:shantibreezeyoga:20170413155004j:image

 4月からペアヨガが始まります!

小学生以上のお子様や男性の参加もOK

 写真はRYT200受講時のひとコマ。

こんな楽しいポーズをみんなと一緒にしませんか?

 

加古川のヨガ教室http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

ペアヨガってやったことありますか?

 

普段は一人ずつするヨガのポーズを

2人で、もしくは大勢でするのですが

そこには思いがけない嬉しいことが

たくさん生まれます。

 

ペアヨガするなら誰としますか?

 

友達、恋人、家族…

年齢、性別ごっちゃになってやるペアヨガは、普段自分が親しんだ枠組みをぽーんと簡単に踏み越えさせて、いろんなことに気づかせてくれます。

 

例えば大切な自分の隣の人のこと。

 

最近手をつないでなかったな、とか

つないだ手の感覚とか、

相手の年齢を重ねた体つきとか、

お互いの身体の重みや体温とか

 

相手がいるけど気づいてなかったことを

相手がいるからこそ気づかせられ

ホッとしたり、暖かい気持ちになったりします。

 

他人の力を借りると、ひとりでは難しかったポーズがいとも簡単にできることもあります。

 

思わぬところが伸びて気持ちいい。

 

お互いを信頼して任せることで得られるポーズの完成。

 

周りの人たちとの調和を感じてハッピーな気持ちが広がっていく。

 

きっとまだまだたくさんある

ペアヨガのいいところ。

 

週末に大切なあの人とペアヨガしてみませんか?

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

 

 

〜しなければならない、から自由になる

f:id:shantibreezeyoga:20170411145606j:image

加古川の東播磨生活創造センターかこむでヨガ教室をしています。

春はデトックスをテーマにゆる〜く楽しい朝ヨガを開催中です♪

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

思い込みから自由になろう

 

〜しなければならない、はどこから来てるの?

 

あれもしないと、これもしないと。

 

なぜか脅迫観念のようにやらないといけないと思っていることや

無意識の間にルーティン化していることってありますか?

 

例えばメイク。

 

マスカラ、アイライン、チーク、リップ…

もしくはマツエク、カラコン

 

しっかりフルメイクの自分は完璧で隙がない。

 

確かにフルメイクは綺麗で自分の欠点を隠してくれて美しいと思う。

 

毎日見ている自分の顔のことは、欠点の方が気になって、素朴な美しさには気づきにくい。

 

もうちょっと眼が大きかったら…

もっと顔が小さかったら…

もっと鼻が高かったら…

 

自分にないものを補おうとして

無理にパーツをデフォルメするようなメイクをしていた頃がありました。

 

正直、自分の外見に自信はなかったですし、見た目を気にする職業でしたので、まわりの綺麗な人を目にしては劣等感を覚えました。

 

それでもやっぱり本来の自分とはかけ離れたメイクをすると違和感がありました。

 

ヨガをするようになった頃

自分と向き合うことが多くなり、素の自分のことを受け止めはじめました。

 

足りないと思っていたのは、私の思い込みでした。

 

雑誌やテレビから発信される今どきの女性像に振り回されていた。

 

自分の個性とは違う人に憧れてそうなりたいと思い、自分のことを否定していた。

 

そう気づきはじめて、自分の良いところを活かしたいなと思うようになりました。

 

明るい眼の色と元気な肌があればいいか!って。

 

不自然なアイラインやマスカラはいらなくなり、メイクはどんどんシンプルになりました。

 

今では石鹸で洗い落とせるほどです。

 

自分が思い込んだ理想の女性像から自由になり、少し自分のことが好きになりました。

ダメなところもあるけど、良いところも気づけるようになった。

 

もし、女性は、妻は、母親は、子供は

こうでなければ!という考えが、自分や周りの人をがんじがらめにしていると感じたら、一人の人間として見てみたらどうかな。

 

ひとりひとり違うから、大きな枠(女性とか子供とか)にはめ込んでみても完全にはまるはずない。

 

はみ出して当然。

 

一緒じゃなくていい。

 

自分をただ一人の尊い存在として認める。

 

そしてみんなが尊いひとりひとり。

 

〜しなければいけない、は思い込みかも。

思い込みを外すと見えてくるものがいっぱいある。

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然に触れるといいことあるよ

f:id:shantibreezeyoga:20170410125022j:image

加古川の東播磨生活創造センターかこむでヨガ教室をしています。

春はデトックスをテーマに朝ヨガを開催中♪

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

最近 自然に触れたのいつだろう?

 

思い出せないくらい自然から遠ざかっていたら、ぜひ試してみてください。

 

木々のたくさんある公園や綺麗な海岸が近くにあったらすごくラッキー♪

 

そんな所が近くになくても神社やお寺の大きな木に触れたり、ビルの屋上などの開けた場所で空を近くに感じたり。

 

空調の効いた外部の刺激から遠ざけられた部屋の中で過ごしていると、身体の素晴らしい機能が鈍ってきちゃうから、自分の中の野性を目覚めさせるみたいに、外に出てみよう。

 

ヒトがヒトとして生き始めた時から

文明が発達した今の今まで

人間は自然の中で生きるようになってるんだって。

 

どんなに文明が発達しても、自然から切り離された生活は、人間には合ってない。

 

土を感じ、風を感じ、雨を感じ、太陽を、空を感じて生きていくほうが自然なのだそうです。

 

その方が自分の能力を存分に発揮できて幸せを感じるのだそう。

 

そう知ってからはできるだけ土をいじったり、草花を愛でたり、お気に入りの公園に行ったり、空を眺めたり、1日の中で自然を感じる時間を持つようにしています。

 

忙しくてそんな時間ないわ!と言われるかもしれませんが

自然を感じて一息つくといいヒラメキが訪れるかもしれません。

 

電車の通勤時間にスマホを見るか寝るかなら 外の景色の変化を楽しんだり。

 

家や車の窓を締め切らないで

換気をよくして風を感じたり。

 

機会があれば外ヨガなんて素敵です。

 

座位のポーズはグラウンディングを促します。

例えばあぐらをかく、正座をする、も座位のポーズです。

 

グラウンディングとはまさに地に足が付いている、落ち着きとか安定とかを意味し大地に根を張るようなイメージです。

 

このグラウンディングのポーズを芝生や土の上でやったら最高でしょう?

 

きっと部屋の床の上でやるよりもっとたくさんの恩恵を受けられると思います。

 

眼はキラキラ、表情は生き生きして悩みなんか吹っ飛びそうです。

 

大きな木や大好きな草花になったような気持ちで座ってみたらどうでしょう。

 

難しいポーズ抜きで自然の中でただ座るだけでいいのです。

 

お花見やピクニックに最適なこれからの季節にぜひやってみてください♪

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

 

自分のことって実はよくわからない

f:id:shantibreezeyoga:20170410123734j:image

加古川でヨガ教室をしています。

春はデトックスをテーマにゆるく楽しくヨガします。

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net

 

例えば自分の身体のこと。

 

知ってるようで知らないことだらけ。

 

生まれた時から死ぬ瞬間までずっと一緒の私の身体。

 

ずっと一緒だからあるのが当たり前すぎて普段は意識することがほとんどない。

 

いろんな仕事をこなしてくれる手。

いつも行きたいところに連れて行ってくれる足。

素晴らしい景色を見せてくれる目。

 

指示しなくてもいろんなことを正常に機能させてくれる身体の内側の世界。

挙げたらキリがないほど。

この知ってるようで知らない私の身体はいつも頑張ってくれている。

 

でも現代の生活では、あんまり動かなかったりモニターばかりを見つめていて、心と身体は離ればなれになっています。

 

例えばジャンプをしてみたら

自分が思っているより身体が重く感じたり

足の指を大きく開こうと思っても

うまくコントロールできないことってありませんか?

 

こんな筈では…と思ったら

心と身体が離れちゃってるなと気づくチャンスです。

 

ヨガの様々なポーズは自分の意思で身体をコントロールするためにあります。

 

それは心と身体を1つにする、結ぶということでヨガという言葉の起源です。

 

初めはできなくて当然です。

 

根気よく丁寧に意識を向けながら続けると自分の意思で身体をコントロールできるようになります。

 

そして自分のことよくわからないなぁと思っていた時よりも少しずつわかってくるはずです。

 

例えば私の骨盤は左右高さが違うから

やりにくいポーズがあるのかぁ

じゃあ骨盤を整えるポーズをしよう!とか

猫背だから呼吸が浅くて気分も塞ぎがちだったのか!

じゃあ胸を開いて肺にたくさん空気が出入りするポーズをしよう!とか

 

ヨガの先生も「practice」ってよく言っていた。

 

やってみて自分で感じること、気づくことがたくさんあって、見ているだけ、知っているだけとは次元が違う。

 

そうやって以前より自分のことがわかるようになります。

 

だからポーズを完成させることをゴールとせず、気持ちよく伸びている身体を感じるヨガをしています。

 

だからヨガには身体の硬さは関係ないのです。

 

曲芸のような難しいポーズができなくたってかまいません。

 

基本のシンプルなポーズさえ、丁寧にやればやるほどたくさんのことに気づかされ、終わりはないのだと教えられます。

 

伸ばしたり縮めたりひねったりした後の解放された心と身体が気持ちいいかどうか。

 

その気持ちよさのためにヨガをやっています。

身体が整った後のシャヴァーサナは極楽そのもの♪

 

ぜひみなさんも一緒にヨガしましょう♪

自分の身体と向き合って繋がってください。

 

http://shantibreezeyoga.crayonsite.net